朝。

見上げると、まだ薄暗い朝の空には、雲や遠くに見える山が
影絵のように、じっと佇んでいる。
辺りはあまりに静かで、草木の成長が聞こえそうなほど。
そこに、どこから来たかわからない風が吹いて
夜の間に積もった空気が、行き先のない旅に出る。
「一緒に行こうよ」と風が誘うようで、とても魅力的だけど
ここでやるべきことを成そうとする意志が、僕を引き留める。

やがて、遠くの山の稜線が、はっきり見えるようになって
灰色とも何とも言えない色の空に、赤い陽の色が滲み出す。
みるみるうちに、雲が赤く染まっていく。
どこまでも届きそうな光の線が無数に増えていく。
じわじわと暖かくなった空気がざわめく。

そして主役は登場する。
それは、輪郭のない・・・あふれそうな・・・偉大な・・・何かで、
尽きることのない生命力のかたまりのよう。
大きな大きな大地を見渡して、ゆっくりと姿をあらわす。

この日だけが特別のように素晴らしい朝は、毎日やってくる。
[PR]
by yacchi-fu | 2009-09-13 12:26 | 季節


ありふれた日々の中から、あんなこと、こんなこと。


by yacchi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

散歩
外食
天気
桜新町にて
おうちごはん
季節
映画
帰り道
お気に入り
思考
音楽
おでかけ
家族
小説

以前の記事

2012年 12月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...

ライフログ

音楽












タグ

(28)
(23)
(15)
(11)
(7)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)

忍者アクセス解析

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧